検索
  • kawano

【東金市 S様邸】ラバーロック 棟シーラー/下地新規取付

東金市 S様邸の事案を元に、ラバーロック工法のメリットとデメリットについてご説明いたします。



ラバーロック工法とは

ラバーロック工法とは簡単に言えば、並べられた瓦同士をコーキングしてつなぎとめる工法です。これによって左右の瓦同士が結び付けられズレにくくなります。


日本では台風や地震などの自然災害が多く、屋根瓦が飛ばされたり、ズレたりする被害が多く発生しているので、30年以上前の瓦屋根のお住まいでは、ご検討いただきたい工事の一つです。




ラバーロック工法のメリット

・瓦のズレや剥がれ、動きを抑制

・低価格


日本は、地震や強風などの自然災害が多い地域ですので、瓦のずれや、落下してしまう被害が多発しています。その被害を防止、対策できるという点が最大のメリットです。


劣化した屋根のリフォームや修理は、「瓦の葺き直し」や「棟瓦の積み直し」や「葺き替える」方法が良いですし、正しい施工方法ですが、上記工事を行うと予算がそれなりにかかってしまいます。

ラバーロック工法なら、上記工事の半分以下の価格で修理できる点がメリットです。




ラバーロック工法のデメリット

・換気が悪くなる

・見た目が悪い

・葺き替える際に手間がかかる


屋根内部の湿気は、瓦の隙間を通じて換気されていますので、その隙間を塞いでしまう事によって、換気ができなくなり、垂木や野地板を傷めてしまう原因となります。





当社では・・・

瓦を熟知した瓦専門の職人が、デメリットをカバーする一手間を加えて工事しています。


ラバーロック工法は屋根を安定させるための対策として、効果がある工法で、比較的低価格で施工が出来るので、予算の都合で屋根リフォームを断念してしまった人には、大変おすすめです。




皆様のお住まいの健康診断、無料でさせていただいております。


今回の事例も含め、今後の皆様のご参考にしていただけると幸いです。



カワノ建設






閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示
トンボ2.jpg

​● 対象エリア 大網・東金・成東エリア / 千葉県全般 ●

​地域密着外壁・屋根の塗装の専門店 株式会社 カワノ建設

河野7.png
カワノ素材.png